広域のニュース

<北東北大学野球>7回コールド富士大が大敗

 北東北大学野球リーグ第1週第2日は24日、盛岡市の岩手県営球場で3試合が行われ、5季連続28度目の優勝を狙う富士大が八戸学院大に1−9で七回コールド負けする波乱があった。富士大は投手陣が10四死球を出すなど乱調で、四回に6点を失った。打線も4安打に抑えられた。

◎八戸学院大−富士大2回戦(1勝1敗)

八戸学院大1006002−9
富 士 大0000010−1
(七回コールドゲーム)
(八)清藤、高橋−丹治
(富)小野、鈴木、村上、佐々木、西村−小林

◎八戸工大−青森大2回戦(青森大2勝)

八戸工大000010010−2
青森大 00105000×−6
(八)工藤甲−中村
(青)伊藤−北村
(本)高橋(青)

◎岩手大−ノースアジア大2回戦(1勝1敗)

岩手大
   000000000−0
   00000010×−1
ノースアジア大
(岩)石川、清川−沖田
(ノ)木村−石井将


2016年04月25日月曜日


先頭に戻る