宮城のニュース

<議長政活費疑惑>知事「進退は自ら判断を」

 村井嘉浩知事は25日の定例記者会見で、県議会議長の安部孝氏による政務活動費(政活費)の不正支出問題で仙台地検が告発を受理したのを受け、「疑義が生じたことは事実。県議会への信頼を損ねていると判断したならば、出処進退を自ら考えるべきだ」と安部氏の責任問題に踏み込んだ。
 東京電力福島第1原発事故で発生した未指定の放射性廃棄物の濃度測定作業が始まったことについて、村井知事は「今後の処理を考える上で非常に重要だ」と述べ、結果を踏まえて市町村長会議で方針を打ち出す考えを示唆した。
 文化庁の日本遺産に「政宗が育んだ『伊達』な文化」が認定されたことについては、「7月の仙台空港完全民営化を前に朗報だ。地域活性化と観光振興に文化遺産を積極的に活用する」と歓迎。「来月中に関係市町団体と推進委員会を設立する」と明らかにした。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年04月26日火曜日


先頭に戻る