青森のニュース

<吉田類>「青函パ酒ポート」PR

スタンプラリーの冊子を手にする吉田さん(中央)

 北海道新幹線開業を契機に、青森県内と道南の日本酒やワイン、地ビールの酒造所27カ所を巡るスタンプラリー「青函パ酒ポート2016」が始まった。スタンプを押す冊子(500円)を購入し、酒造所を訪ねると割引などの特典がある。来年3月末まで。
 対象の酒造所は県内17カ所、道南10カ所。新幹線開業で青函連携を深めようとみちのく銀行(青森市)、北海道銀行(札幌市)などが初めて企画した。
 青森市内で16日、テレビの飲み歩き番組で知られる吉田類さんを迎えたイベントがあった。約150人を前に吉田さんは「自然豊かで水がおいしい青森は酒もうまい。ぜひラリーを楽しんで」と呼び掛けた。
 県酒造組合の西沢誠広報委員長は「酒造所は敷居が高いと思う人が多いが、これを機会に酒造りの現場を見てほしい」と話した。
 冊子は青森市内のJTB各店やインターネット通販大手アマゾンジャパンで購入できる。


関連ページ: 青森 文化・暮らし

2016年04月27日水曜日


先頭に戻る