福島のニュース

<最終処分場>楢葉の行政区とも安全協定意向

 東京電力福島第1原発事故で発生した福島県内の指定廃棄物を富岡町の最終処分場に埋め立てる計画で、環境省は26日、県と富岡町、搬入路のある楢葉町と5月に安全協定を結んだ後、楢葉町の地元行政区と同様の協定を結ぶ意向を示した。楢葉町議会全員協議会で説明した。
 楢葉町は廃棄物の搬入前に、搬入路のある二つの行政区と協定を結ぶよう国に求めているが、2行政区は計画に反対している。
 環境省は「町民に説明する機会を持ち、県や町との協定締結後、できるだけ早い時期に行政区と締結したい」と説明。行政区との協定が搬入の条件となるかどうかについて、鎌形浩史廃棄物・リサイクル対策部長は報道陣に「協定を結ぶ努力を続けたい」とだけ繰り返し、明言を避けた。
 松本幸英町長は協議会で「施設への町民の不安は払拭(ふっしょく)し切れていない。帰町意欲が減退しないよう、丁寧な説明を求める」と述べた。


2016年04月27日水曜日


先頭に戻る