宮城のニュース

<仙台中2自殺>第三者委 生徒50人聞き取りへ

 仙台市泉区の市立中2年の男子生徒=当時(14)=が2月に自殺した問題で、市教委第三者委員会のいじめ問題専門委員会は27日、同校の生徒約50人から聞き取り調査をする方針を決めた。
 対象の約50人は、市教委が2〜3月に全校生徒に実施したアンケートで男子生徒と近い関係にあると判断した生徒ら。保護者同伴での聞き取りを予定しているため、大型連休明けに調査への協力依頼文書を対象生徒の家庭に郵送する。
 聞き取りの実施時期は未定。非公開の会合後、委員長の本図愛実宮城教育大教職大学院教授は「どの程度の生徒が協力してくれるかを、まず見極めたい」と話した。必要に応じて教員らにも対象を広げる。
 市教委のアンケートではいじめが疑われる回答もあったことから、遺族が自殺との関連性の調査を要望していた。


2016年04月28日木曜日


先頭に戻る