宮城のニュース

純金前立て 政宗かぶと

純金製の前立てがきらびやかな伊達政宗モデルかぶと

 端午の節句を前に、貴金属販売「GINZA TANAKA仙台店」(仙台市青葉区)は前立てに純金を使った新作かぶと「伊達政宗モデル」を公開している。
 幅約48センチ、高さ約32センチで同店が販売するかぶとでは最大。三日月形の前立てに約170グラムの純金を使い、残りの部品は全て純銀製。左右に大きく張り出した吹き返しには獅子やふくろう、鳳凰を彫り込んだ。
 値段は金価格によって変動する。参考価格は352万8000円(税込み)。受注生産のため、注文から完成まで約3カ月かかる。同店の担当者は「作りの精巧さや重厚な雰囲気、職人の技術を見にきてほしい」と話す。展示は5月5日まで。


関連ページ: 宮城 経済

2016年04月28日木曜日


先頭に戻る