青森のニュース

<ツアーバス>青森3事業所に是正勧告

 青森労働局は27日、長野県軽井沢町のスキーツアーバス転落事故を受け、ツアーバス運行事業所を対象にした全国一斉の緊急集中監督で、青森県内で該当した3事業所全てに労働基準法などの法令違反があり、是正勧告したと発表した。
 労働局は2〜3月、県内で1月までに貸し切りバス事業の新規許可を受けた3事業所を抜き打ちで立ち入り調査した。いずれも、改善基準で定めた連続運転上限の4時間を超えて従業員にバスを運転させていた。このほか、違法な時間外労働、健康診断で分かった異常所見の放置といったケースがあった。
 労働局は27日、県内51社が加入する県バス協会と、協会非加入の16社に、適正な労働時間の管理や法令順守の徹底を要請した。


関連ページ: 青森 社会

2016年04月28日木曜日


先頭に戻る