岩手のニュース

<メガソーラー>奥州市長らを証人喚問へ

 奥州市前沢区の奥州万年の森大規模太陽光発電施設(メガソーラー)建設を巡る問題で、市議会の地方自治法100条による調査委員会(百条委)は27日、小沢昌記市長ら4人の証人喚問を5月6日に行うことを決めた。
 事業者が予定地の残土を処理する当初計画に市が関わった経緯や、事業者を選ぶ評価委員の人選などの疑問点について小沢市長に回答を求めたが、内容は不十分と判断した。評価委員や事業者の選定の経緯、残土の処理方針など8項目に関して証言を求める。
 佐藤洋委員長は「さらに外部に(証言を)求めるかもしれない」との見通しを示した。百条委は昨年9月に設置された。


関連ページ: 岩手 社会

2016年04月28日木曜日


先頭に戻る