広域のニュース

東北の食海外に発信 仙台の企業が新事業

東北の魅力を発信する新事業の決起大会

 東北への外国人旅行者の誘致を目指すプロモーション会社「VISIT東北」(仙台市青葉区)は27日、新事業「TOHOKU365 Project」をスタートさせた。専用ウェブページを設けたほか、会員制交流サイト(SNS)を活用し、東北の魅力を海外に紹介する。

 目玉企画として、東北の「食」を紹介するリポーター1人を世界中から募る。リポーターには100万円の旅費を提供。30日間、東北を自由に旅行し、各地の郷土料理などを専用ウェブなどから発信してもらう。6月末まで募集し、8月に活動を始める予定。
 2020年までの数値目標を設定し、海外からの専用ウェブの閲覧回数月間500万件を目指す。東北を訪れる外国人旅行者の延べ宿泊者は15年の約5倍となる300万人とした。
 事業の実行委員会には、東北大の学生が設立したベンチャー企業が参加する。VISIT東北本社であった決起大会で、斎藤良太社長は「若者や留学生と一緒に東北の魅力を発信していきたい」と述べた。


関連ページ: 広域 経済

2016年04月28日木曜日


先頭に戻る