宮城のニュース

<熊本地震>2世帯、仙台に避難へ

 仙台市は28日、熊本地震で被災した熊本市と熊本県菊池市の計2世帯が仙台市営住宅に入居すると発表した。市営住宅への入居決定は初めて。
 市によると、熊本市の世帯は3人家族で同日、仙台市内に住む親類が宮城野区の住宅の鍵を受け取った。菊池市は単身男性で、大型連休後に太白区の住宅に入居する。
 仙台市は熊本地震の被災者向けに市営住宅30戸を確保。家賃と駐車場代、敷金を免除する。入居期間は原則6カ月。連絡先は市営住宅管理課022(214)8331。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年04月29日金曜日


先頭に戻る