宮城のニュース

<東経連>新会長に海輪東北電会長が内定

 東北経済連合会は28日、仙台市内で理事会を開き、高橋宏明会長(75)=東北電力相談役=が退任し、後任に海輪誠副会長(66)=東北電会長=が就任する役員人事を内定した。高橋会長は名誉会長に就く。
 東経連の会長交代は2010年以来6年ぶり。6月8日の通常総会と理事会で正式決定する。
 海輪氏は1973年に東北電入社。07年上席執行役員新潟支店長、09年副社長を経て10年に社長に就任し、東日本大震災後の陣頭指揮に当たった。15年6月から会長を務める。東経連では15年6月から副会長。東京都出身。
 高橋氏は10年5月、東経連会長に就任。震災後は経済復興の推進を掲げ、企業支援を積極的に展開。加速器関連プロジェクトの誘致活動や観光振興などに取り組んだ。15年6月に東北電会長を退いた。


関連ページ: 宮城 経済

2016年04月29日金曜日


先頭に戻る