宮城のニュース

<コボスタ>観覧車5月3日運行開始

5月3日に運行を開始する観覧車(イメージ図、球団提供)

 プロ野球東北楽天は28日、本拠地・楽天Koboスタジアム宮城(仙台市宮城野区)で5月3日に観覧車の運行を始めると発表した。野球場の観覧車としては日本初となる。3日は午前9時20分から完成を記念したセレモニーが行われ、午前11時に営業を開始する。
 観覧車は球場の左翼席後方にある公園「スマイルグリコパーク」内に設置。4人乗りゴンドラ16台で、約6分間で1周する。36メートルの高さに達する頂上からはグラウンドが一望でき、試合を見ることができる。
 乗車料は1人400円。公園内への入場料(大人500円、子ども300円)も別途必要だが、1軍戦開催日は観戦チケットがあれば入場できる。球団関係者は「ぜひ多くのお客さんに来場してもらい野球を観戦していただきたい」と話している。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2016年04月29日金曜日


先頭に戻る