宮城のニュース

<コストコ>倉庫で「爆買い」宮城にオープン

オープン初日から多くの買い物客でにぎわう店内

 米国系の会員制倉庫型量販店「コストコ富谷倉庫店」が29日、宮城県富谷町高屋敷にオープンした。大型連休初日と重なり、開店前に徹夜組も含め約1000人の行列ができるなど、多くの買い物客でにぎわった。
 店舗面積は約1万平方メートル。約900台分の駐車場を備え、国内外の商品約3500種類を扱う。オープンを待つ長い列ができたため、開店時刻が午前8時から約1時間前倒しされた。
 記念式典では、出店したコストコホールセールジャパン(川崎市)のケン・テリオ社長が若生裕俊富谷町長らとテープカット。テリオ社長は「日用品だけでなくダイヤモンドから補聴器、タイヤもある倉庫型量販店での買い物を楽しんでほしい」とあいさつした。
 一番乗りした石巻市渡波の会社員亀山美保さん(39)は小学6年の長男陽生(はるき)君(11)と来店。記念のショッピングバッグを受け取り「前日の午後10時半から並んだ。コストコが好きで上山(かみのやま倉庫店)にも行っている」と喜んだ。
 年中無休。営業時間は午前10時〜午後8時で、5月8日までは午前9時開店。


関連ページ: 宮城 経済

2016年04月30日土曜日


先頭に戻る