宮城のニュース

<楽天>則本4勝目 1回に3失点も耐える

8回3失点の力投で4勝目を挙げた東北楽天先発の則本(デイリースポーツ提供)

 東北楽天の先発則本は一回にいきなり3点を失ったが、二回以降は踏ん張り続け、8回3失点で4勝目を挙げた。「(失点で)自分への自信が揺るがなかったことが一番」と粘投を充実した表情で振り返った。
 一回、西野の左前への打球が、福田のミスで三塁打となってしまう不運な立ち上がり。糸井の2ランを含めて1〜3番に、わずか9球で3点を先行された。
 ただ「調子はすごく良かったし、制球もしっかりできていた」。一回は4番以降を三人で切り抜けると、二回から七回まで散発3安打。「周りに声を掛けてもらい、立ち直れた」
 球数が100球に差し掛かった八回はギアを入れ直す。この日最速タイの152キロを2度記録。「(味方打線が)満塁で点を取れず相手が勢いづいていたので、しっかり抑えたかった」と打者3人で片付け、直後の味方の反撃を呼び込んだ。
 梨田監督は「3点取られ、ガタガタとくる流れでよく耐えた。さすがエースという投球を見せてくれた」と、連敗を止めた則本をたたえた。
(浦響子)


2016年04月30日土曜日


先頭に戻る