岩手のニュース

<bjプレーオフ展望>攻撃の幅が広い岩手

 昨季の地区決勝で敗れた岩手が、敵地に乗り込んで戦う。サンダースの3点シュート、ハリスのドライブ、クウソーのゴール下で体を張るプレーと、それぞれ特長のある外国人3選手を擁し、攻撃の幅が広い。東地区最少の1試合平均71.9失点を誇る守備から流れをつくりたい。
 新潟は、日本国籍を取得済みのムールを加えた外国出身選手3人が同時にコートに立つ。1試合平均14.2得点の佐藤公の外からのシュートは、乗せると手が付けられない。守備はゾーンが基本で、チームの連係の質も高い。

 ▽今季対戦成績 新潟70−59岩手、新潟84−73岩手、新潟69−55岩手、岩手80−74新潟


2016年04月30日土曜日


先頭に戻る