秋田のニュース

<大曲の花火>「春の章」夜空に輝く

国内外の花火師が最新の打ち上げ技術を披露した「大曲の花火 春の章」=29日午後7時20分ごろ、大仙市の雄物川河川敷

 「大曲の花火 春の章」と題した花火大会が29日夜、秋田県大仙市の雄物川河川敷であった。国内26の花火業者に加え、カナダ・モントリオールの業者が参加。あいにくの風雨に見舞われながら、各業者は計1時間かけて最新技術を使った計約3000発の花火を夜空に打ち上げた。
 2017年4月に同市で開かれる第16回国際花火シンポジウムまで1年となるのを記念し、プレ大会と位置付けて同シンポの実行委員会が主催した。
 会場は夏の全国花火競技大会(大曲の花火)と同じ場所。五大陸をテーマにした「創造花火ショー」もあり、北米はカナダの業者が担当。アフリカ、オセアニア、ユーラシア、南アメリカをイメージした花火は大仙市内の4業者がそれぞれ打ち上げた。


関連ページ: 秋田 社会

2016年04月30日土曜日


先頭に戻る