山形のニュース

<米沢上杉まつり>歴史絵巻開幕 砲術隊祝砲

上杉砲術隊による火縄銃の祝砲

 戦国時代の歴史絵巻を再現する「米沢上杉まつり」が29日、山形県米沢市の上杉神社に隣接する伝国の杜前広場を主会場に始まり、初日は総勢1000人を超す参加者が民踊流しなどを披露した。5月3日まで。
 午前9時、上杉砲術隊による火縄銃の祝砲で開幕が告げられ、上杉神社の例大祭などもあった。
 30日と5月1日は午前10時から武将隊と上杉太鼓が「魂の響演」を披露する。2日は午後6時半から上杉謙信が行ったという出陣の儀式「武てい式」を甲冑(かっちゅう)武者約150人が再現する。
 メインイベントの「川中島合戦」は3日午後2時から、松川河川敷で、上杉謙信、武田信玄の両軍725人が戦いを繰り広げる。
 まつり実行委員会は期間中、28万人の人出を見込んでいる。


関連ページ: 山形 社会

2016年04月30日土曜日


先頭に戻る