福島のニュース

「空のF1」操縦士 スポーツで福島PR

ふくしまスポーツアンバサダーに任命された室屋さん(左)

 福島県は28日、地元の魅力をスポーツを通じて発信する「ふくしまスポーツアンバサダー」の第1号として、福島市在住のエアレースパイロット室屋義秀さん(43)を任命した。
 室屋さんは「空のF1」と呼ばれる飛行機のレッドブル・エアレースに参戦する唯一のアジア人。福島市の農道空港「ふくしまスカイパーク」を練習拠点にしている。
 県庁で内堀雅雄知事から認証盾などを受け取った室屋さんは「(原発事故などからの)福島の復興と発展に少しでも寄与できればうれしい」と話した。
 室屋さんは今後、子ども向けスカイスポーツ教室の講師などを務める予定。30日、5月1日はスカイパークである催しで飛行を披露する。


関連ページ: 福島 社会

2016年04月30日土曜日


先頭に戻る