宮城のニュース

<春季高校野球>東陵など6校が宮城県大会へ

 30日、東部、北部、中部の3地区で計13試合が行われ、東部の東陵と石巻工、北部の岩ケ崎と富谷、中部の仙台三と聖和学園が県大会出場を決めた。

 【東部】(石巻市民球場ほか)
 ▽準々決勝
東陵 9−1 石巻商
石巻工 10−0 涌谷
 ▽敗者復活2回戦
気仙沼 7−5 石巻西
宮城水産・本吉響・石巻北・気仙沼西 15−8 登米総合産

 【北部】(陶芸の里野球場ほか)
 ▽準決勝
東北学院榴ケ岡 9−7 古川
利府 4−0 築館
 ▽敗者復活県大会出場校決定戦
岩ケ崎 8−5 小牛田農林
富谷 7−2 古川工

 【中部】(コボスタ宮城ほか)
 ▽準々決勝
仙台三 11−5 仙台
聖和学園 5−0 仙台二
 ▽敗者復活2回戦
東北生活文化大高 6−2 宮城広瀬
仙台東 7−6 宮城工
仙台一 5−2 泉松陵


2016年05月01日日曜日


先頭に戻る