岩手のニュース

<花嫁道中>「よ市」の祝福受け門出華やか

買い物客ら多くの人が駆け付け、祝福した花嫁道中

 岩手県盛岡市材木町の商店街に露店が並ぶ「材木町よ市」で30日、「花嫁道中」があった。地元のカップルが買い物客や商店街の人々の祝福を受け、人生の新たな一歩を踏み出した。
 新郎新婦は商店街近くに住む会社役員の藤沢正展さん(36)と由美さん(38)で、花婿は羽織はかま、花嫁は華やかな着物姿。野菜や総菜を売る露店が並ぶ中、祝い唄を歌う地元の人々を先導に、歩行者天国となった商店街約400メートルを2人を載せた人力車がゆっくり進んだ。
 道中の途中、商店街の一角で挙式も執り行われ、多くの買い物客が足を止めて祝福の拍手を送った。
 由美さんは「こんなに多くの人に祝っていただき、ありがたい。明るい家庭を築きたい」、正展さんは「盛大な式になった。よ市の存在の大きさを感じる。これからも商店街を盛り上げていきたい」と誓った。


関連ページ: 岩手 社会

2016年05月01日日曜日


先頭に戻る