宮城のニュース

<楽天>救援陣もろさ露呈 青山独り相撲

8回、安達に勝ち越し打を許した青山(左)と嶋の東北楽天バッテリー

 東北楽天は青山浩二の独り相撲が誤算だった。2−2に追い付いた八回、制球が定まらず1安打、2四球などで2死満塁に。安達了一に高めの甘い変化球を中前に運ばれ2点を勝ち越された。「低めを狙い過ぎた。これが今の僕の実力。情けない」と落胆した。
 投打がかみ合わなかった。先発釜田佳直は六回に同点としてもらった直後、T−岡田に勝ち越しソロを浴びた。直後の1死満塁は3番手横山がしのいだが、七回に登板した福山は先頭打者に四球を与えるなどリズムに乗り切れず、青山は乱調で救援陣のもろさを露呈した。
 「救援陣は何とかしないと」と与田剛コーチの悩みは深い。だが、梨田昌孝監督が「(2軍から)代える投手もいない」ともらすように、現有戦力の踏ん張りを期待するしかないのが苦しい。
 打線も援護できなかった。2度同点にしたとはいえ、三回に2死満塁、七回にも2死一、二塁の好機を築きながら、共に頼みのウィーラーが凡退。12戦連続安打が前日に止まった主砲が機能しなかった。
 3カード連続の敵地戦は2勝5敗1分け。最下位オリックスに0.5差と肉薄され、借金も4に増えた。3日から本拠地に戻る。梨田監督は「いい形で仕切り直したい」と前を向いた。(浦響子)


2016年05月02日月曜日


先頭に戻る