宮城のニュース

<楽天>打線8安打…2点止まり

 東北楽天は終盤に突き放されて2連敗。2−2の八回、5番手青山浩二が2死満塁に陥り、安達了一に2点勝ち越しの中前打を許した。先発釜田佳直は六回途中まで2失点と粘投。だが打線は8安打しながら、六、八回に敵失絡みで2点を奪うにとどまり、投手陣を援護し切れなかった。
 オリックスは4カードぶりの勝ち越しとなった。

 オリックス−東北楽天7回戦(楽天4勝3敗、13時1分、京セラドーム大阪、28,794人)
東北楽天 000001010=2
オリックス00010102×=4
(勝)塚原14試合2勝1敗
(S)平野13試合1勝2敗5S
(敗)青山12試合2敗
(本)T―岡田1号(1)(釜田)=6回

☆梨田の話ダ
<スタミナつけて>
 「釜田は7回を投げるスタミナをつけてほしい。勝ち星が増えないのは、その辺に原因がある。(六回T−岡田にソロを浴びた直後)2人連続で四球を出したところで代え時だと感じた」(六回途中降板した釜田の成長を願って)


2016年05月02日月曜日


先頭に戻る