宮城のニュース

<楽天>釜田、勝ち越しソロ許し降板

 東北楽天の先発釜田佳直は中盤まで西との投手戦を繰り広げたが、同点にしてもらった直後の六回、T−岡田に勝ち越しソロを許してしまい、後味の悪い形で降板した。
 六回先頭のT−岡田に対して、1ボールから外角の真ん中の高さに入った直球をバックスクリーン右側まで運ばれた。釜田は「狙ったのと違うコースに行ってしまった」と反省。その後も2者連続で四球を与えるなど精彩を欠き、1死二、三塁となった場面で交代を告げられた。
 4月10日の日本ハム戦で今季初勝利を挙げて以降、今回を含めて先発した3試合でチームが敗れた。「チームを勝利に導けるように、もっと成長しないといけない」と次戦に向けて気を引き締めた。


2016年05月02日月曜日


先頭に戻る