福島のニュース

<ハワイアンズ>サモア名誉領事館を開設

名誉領事の任命書を受け取る井上社長(右)

 いわき市の温泉レジャー施設「スパリゾートハワイアンズ」を運営する常磐興産の井上直美社長(65)がサモアの名誉領事に就任し、ハワイアンズ内に名誉領事館が開設された。ハワイアンズのショーでサモアの踊りを取り入れていることや、2009年のサモア沖地震で義援金を送ったことなどが縁となった。常磐興産によると、サモアが09年に駐日大使館を置いて以来、名誉領事館の開設は初めて。
 開設式にはサモアの前副首相や駐日大使、清水敏男いわき市長らが出席。任命書を受け取った井上氏は「両国の親交と発展に貢献したい」と述べた。


関連ページ: 福島 経済

2016年05月03日火曜日


先頭に戻る