宮城のニュース

<宮城指定廃>知事「方針未定」

 村井嘉浩知事は2日の定例記者会見で、環境省が東京電力福島第1原発事故で発生した指定廃棄物の指定解除を可能とする特措法の施行規則を改正したことについて、「現段階で県の方針は決まっていない」との考えを示した。
 舛添要一東京都知事が公用車で神奈川県の別荘に通っている問題では、「有事に戻れる状況を整えておく必要がある。是非は都民が判断すべきだ」と強調した。
 県慶長使節船ミュージアムの復元船「サン・ファン・バウティスタ号」の改修などを巡っては、「財源に余裕はないが、歴史を後世に伝える重要な船だ。近いうちに判断しなければならない」と述べた。


2016年05月03日火曜日


先頭に戻る