秋田のニュース

秋田県立博物館 舞台裏をガイド

冷凍保管しているウミガメを観察する子どもたち

 秋田県立博物館の裏側を学芸員の案内で探検する「舞台裏ガイドツアー」が、秋田市の同館で行われている。展示の舞台裏に焦点を当てた企画展の関連行事で、8日まで。
 普段は立ち入ることができない資料収蔵庫や研究室、標本の保存処理を行う部屋を約30分かけて見学する。展示研究のため保管している剥製や昔の生活道具、保存処理前に冷凍保管している動物などを見ることができる。
 家族で訪れた男鹿市船越小3年佐藤瑚波さん(8)は「冷凍のウミガメなど見たことのないものがたくさんあった。将来働いてみたくなった」と話した。
 企画展「博物館の舞台裏で」は6月19日までで、資料の調査収集、保管、展示の工夫を紹介している。
 入館無料。午前9時半〜午後4時半。ガイドツアーは午後2時開始で、正午から先着15人に配布する整理券が必要となる。月曜休館。連絡先は同館018(873)4121。


関連ページ: 秋田 社会

2016年05月03日火曜日


先頭に戻る