秋田のニュース

横手やきそば振る舞い感謝 地元でイベント

大感謝祭で振る舞われた出来たての横手やきそばを頬張る子どもたち

 秋田県横手市のご当地グルメ、横手やきそばを活用したまちおこしに協力する市民らに謝意を示す「横手やきそば大感謝祭」が、JR横手駅前の複合施設「よこてイースト・にぎわいひろば」で初めて開かれた。
 横手やきそば暖簾(のれん)会などで構成する地域おこし団体「横手やきそばサンライ’s」の主催。500食の振る舞いコーナーに長い行列ができたほか、横手南中吹奏楽部有志のミニコンサートもあった。
 県内外のB級グルメイベント会場で調理支援に当たる「やきそば職人」14人の実技研修を兼ねた横手やきそば塾もあった。職人は市内の製麺業者5社の麺の違いによって焼き方を変えるこつなどを学びながら、振る舞い用の焼きそば作りに取り組んだ。
 横手やきそばは観光庁が3月に発表した「東北6県見るもの・食べもの・買いもの100選」に選ばれた。


関連ページ: 秋田 文化・暮らし

2016年05月03日火曜日


先頭に戻る