宮城のニュース

<コボスタ>ボールパークで空中散歩

コボスタ宮城に併設する観覧車のゴンドラから大勢の親子連れなどが野球観戦を楽しんだ=3日午後2時20分ごろ、仙台市宮城野区

 プロ野球東北楽天は3日、仙台市宮城野区の本拠地・楽天Koboスタジアム宮城(コボスタ宮城)で、観覧車の運行を始めた。野球場併設の観覧車としては日本初となる。
 観覧車が設置された左翼席後方の公園「スマイルグリコパーク」でオープニングセレモニーがあり、球団の立花陽三社長は「もっと楽しい、もっと素晴らしい公園にしていく」とあいさつ。初めて観覧車に乗ったという則本昂大投手は「たくさんの人に楽しんでもらえれば、選手としてもうれしい」と話した。
 観覧車は4人乗りゴンドラ16台で、約6分間で1周する。乗車料は1人400円で、試合の観戦チケットか公園の入場券が別に必要となる。


2016年05月04日水曜日


先頭に戻る