宮城のニュース

<仙台L>市瀬、デビュー戦で無失点に貢献

 前節伊賀戦で初先発した仙台Lの高卒新人、市瀬がホーム戦デビューを飾り、無失点勝利に貢献した。
 「初めは緊張したが、プレーする中で落ち着けた」。後半、GKキャメロンへのパスが危うくオウンゴールになりそうな場面もあったが、それ以外は安定した守備を披露。千葉監督は合格点を与え、「今後も成長してほしい」と期待した。
 本人は「ミスで相手のカウンターを招いてしまった。ビルドアップ(組み立て)の判断もまだまだ」と反省しきり。昨季覇者の日テレ戦を見据えて「足元のうまい選手に注意して攻撃を止める」と誓った。


2016年05月04日水曜日


先頭に戻る