青森のニュース

<憲法記念日>「政権の暴走止める」呼び掛け

「市民の力で政治を変えよう」などと呼び掛ける参加者

 憲法記念日の3日、青森市の青森駅前公園で「戦争法廃止!憲法改悪反対!青森集会」が開かれた。青森県九条の会など12団体の共催で、約365人が参加した。
 県九条の会の金沢茂共同代表が「安倍政権の暴走を止め、立憲政治を取り戻すために力を合わせて頑張ろう」とあいさつ。11団体の代表者がそれぞれ「子や孫を戦場に送らせてはならない」「世界に誇る平和憲法を変える必要はない」などと訴えた。
 参加した青森市の無職谷崎典子さん(63)は「戦争がこれ以上、近づいてこないように今の憲法を守っていきたい」と話した。
 市内ではこのほか、「平和憲法を守る歩こう歩こう大会」などがあった。


関連ページ: 青森 社会

2016年05月04日水曜日


先頭に戻る