秋田のニュース

<参院選>岡田代表「9条改正是非が争点」

 民進党の岡田克也代表は4日、夏の参院選について「憲法、特に9条が争点になる」と述べ、憲法9条改正の是非を主要な争点に位置付ける考えを示した。農業視察に訪れた大館市で記者団の質問に答えた。
 岡田氏は「安倍晋三首相は9条改正に言及している」として、安倍政権が改正を狙っていると指摘。自民党改憲草案にも触れ「草案は集団的自衛権の行使を限定なく認めるとしており、憲法の平和主義を完全に変えるものだ」と批判した。
 岡田氏は4日、能代市と大館市を訪れ、農業者らと意見を交わすなどした。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2016年05月05日木曜日


先頭に戻る