福島のニュース

常磐道でバスと車衝突 1人死亡32人重軽傷

 4日午後8時40分ごろ、福島県大熊町下野上の常磐自動車道常磐富岡−浪江インターチェンジ(IC)間で、高速バスと乗用車が正面衝突した。乗用車の1人が死亡、1人が意識不明の重体。バスの乗客31人が軽いけがをした。
 県警高速隊によると、死亡したのは同県広野町の秦丹丹さん(33)で、助手席の娘(6)が重体という。双葉地方広域消防本部によると、乗用車は衝突後、バスに潜り込むような状態となった。現場は東京電力福島第1原発事故に伴う帰還困難区域。
 高速バスは東京・池袋発相馬市役所行きで、桜交通(白河市)が運行していた。同社によると乗客40人と40代の男性運転手が乗車。同日午後4時10分に池袋を出発し、午後10時10分に相馬市役所に到着予定だった。
 桜交通の担当者は「負傷された方への対応を優先させていきたい」と話した。


関連ページ: 福島 社会

2016年05月05日木曜日


先頭に戻る