福島のニュース

<常磐道事故>車の母娘死亡 40人けが

乗用車と高速バスが正面衝突した常磐自動車道の事故現場(福島県警高速隊提供)

 4日午後8時40分ごろ、福島県大熊町下野上の常磐自動車道常磐富岡―浪江インターチェンジ(IC)間で、同県広野町中央台2丁目、アルバイト店員秦丹丹さん(33)=中国籍=の乗用車と桜交通(白河市)の高速バス=乗客40人、小賀坂次男運転手(48)=が正面衝突した。秦さんと助手席にいた小学1年の長女熊田京佳さん(6)が死亡。バスの乗客ら計40人が軽いけがをした。
 県警高速隊などによると、けがをしたのは高速バスの6〜78歳の乗客38人と運転手、バスに接触した後続の乗用車を運転していた男性会社員(20)。死亡した秦さん親子は観光で訪れた仙台市からの帰宅途中だった。
 付近は片側1車線の対面通行で、上り線を走行していた乗用車が下り線に進入したとみられる。乗用車はバスに潜り込むような状態となって大破。バスはフロントガラスが壊れるなどした。高速隊が事故原因などを調べている。
 現場は常磐富岡ICの北側約3キロで、東京電力福島第1原発事故に伴う帰還困難区域。高速隊などによると、空間放射線量は毎時1・9マイクロシーベルトで、バスの乗客らは地元消防本部のマイクロバスなどで同県楢葉町内の消防分署に移動、現場を離れた。
 高速バスは東京・池袋発相馬市役所行き。桜交通によると4日午後4時10分に池袋を出発し、午後10時10分に相馬市役所に到着予定だった。同社の担当者は「負傷された方への対応を優先させていきたい」と話した。


関連ページ: 福島 社会

2016年05月05日木曜日


先頭に戻る