広域のニュース

東北など新幹線44駅 掲示板表示されず

障害が起きた電光掲示板=4日午後1時35分ごろ、JR仙台駅の新幹線ホーム

 東北、上越、北陸の各新幹線にある全44駅で、4日の始発から、行き先や出発ホームなどを案内する電光掲示板が表示しなくなった。運行本数が、システムが処理できる本数を上回ったのが原因。ダイヤへの影響は出ていない。駅では係員を増やすなどして対応し、大きな混乱は起きていないという。
 JR東日本によると、3〜4日の運行本数が計1606本に達し、システムの処理可能本数を6本だけ上回った。ゴールデンウイークの臨時列車や、北陸、北海道両新幹線の開業が影響した。
 不具合は夜まで続いた。5日はUターンラッシュがピークとなる見通しで、復旧の見通しは立っていない。
 表示されなくなったのは、駅の改札付近やホームなどで、発車番線や行き先などを表示する「新幹線旅客案内装置」。JR仙台駅では、改札付近に発車案内を記入した紙が張り出され、駅員が時刻表などを手に誘導に当たった。
 JR東の新幹線のうち、在来線を走る秋田、山形両新幹線は影響がなかった。


関連ページ: 広域 社会

2016年05月05日木曜日


先頭に戻る