宮城のニュース

<楽天>ゴームズ退団 出場は18試合

ソフトバンク戦で三振に倒れベンチに引き上げるゴームズ。東北楽天退団が決まった=3月26日、コボスタ宮城

 東北楽天は6日、米国へ一時帰国中のゴームズ外野手(35)から退団の申し入れがあり、了承したと発表した。同日、ウエーバー公示申請の手続きを行った。
 大リーグ通算162本塁打の実績を持つゴームズは、主砲候補として年俸総額2億円(推定)でことし2月に入団。だが18試合に出場して打率1割6分9厘、1本塁打、7打点と結果を残せず、先月22日に1軍選手登録から抹消。家庭の事情で先月25日に帰国した。
 球団によると、数日前に本人から「今後の野球人生をしっかり考えたい」と連絡があったという。ゴームズは「私の今季は非常に短いものとなったが、心の底から感謝している」と球団を通じて談話を出した。
 東北楽天では2014年にもユーキリス内野手が左かかと痛治療を理由に5月上旬に帰国し、チームに戻らず退団している。安部井寛チーム統括本部長は「このような形で退団するのは残念だが、本人から申し出があった以上は前を向いていくしかない」と話した。その上で「チーム全体の力を分析し、できることをしていかないといけない」と今後の補強について述べた。


2016年05月07日土曜日


先頭に戻る