宮城のニュース

<楽天>5位に後退

 東北楽天は逆転負けを喫し、順位を5位に下げた。2−1の八回、3番手青山が2死一、二塁から中村晃に2点二塁打を浴び、決勝点を奪われた。先発則本は6回1失点の粘投。打線は0−1の三回に聖沢の同点ソロ、五回には島内の勝ち越しソロでリードしたが、その後は得点できなかった。
 ソフトバンクは引き分けをはさんで4連勝。

 ソフトバンク−東北楽天6回戦(ソフトバンク4勝1敗1分け、18時、ヤフオクドーム、30,685人)
東北楽天  001010000=2
ソフトバンク10000002×=3
(勝)寺原6試合2勝
(S)サファテ17試合1敗9S
(敗)青山14試合3敗
(本)聖沢1号(1)(中田)=3回、島内1号(1)(中田)=5回

☆イヌワシろっかーるーむ
 則本昂大投手(立ち上がりに1点を先制されるも、6回1失点と粘投)「(試合の)入りが難しかった。うまく波に乗れなかった。嶋さんと相談して、次の登板までに修正したい」

 島内宏明外野手(五回、2年ぶりの本塁打となるソロを放ち一時勝ち越す)「内角低めの難しい球をうまくさばけた。久々に本塁打を打てて良かったけれど、チームが勝たないと意味がない」


2016年05月07日土曜日


先頭に戻る