宮城のニュース

<メガホン>観客数

 bj仙台が東京・有明コロシアムでのファイナルズ進出を懸けた大一番をホームの仙台市体育館で迎える。地区準決勝のホーム開催は、レギュラーシーズン2位となって勝ち取った権利。地の利を生かし、大勢の仙台ブースターの声援を力にしてほしい。
 気になるのが観客数。先週の地区1回戦は初日が1631人、2日目が2318人とレギュラーシーズンより少なかった。J1仙台のホーム戦と重なったことなどを踏まえても寂しい数字だ。
 仙台の運営会社、仙台89ERSは今週の来場者を6日現在、7日が約2500人、8日が約3300人と予想する。最大5700人を収容できる会場であるbj最後のプレーオフにしては、やはり物足りない。
 そのうち初日が約700人、2日目が約1100人が秋田ブースターという。会場の約3分の1が熱狂的な秋田ブースターで埋まれば、どちらのホームか分からなくなる。同社は「もっと(チームカラーの)黄色で会場を染めてほしい」と来場を呼び掛ける。
 今秋にはBリーグが開幕し、仙台と秋田は同じ1部東地区で戦う。仙台は地域のバスケットボール熱で、ライバル秋田に負けてはいられない。
(佐藤夏樹)


2016年05月07日土曜日


先頭に戻る