秋田のニュース

<秋田市役所>新庁舎業務スタート

新庁舎1階の市民ホールで行われた式典。木材をふんだんに使った開放感のある庁舎になった

 秋田市役所の新庁舎での本格的な業務が6日、始まった。
 1階市民ホールでの式典の後、証明書発行や申請手続きを行う総合窓口の開設を記念して、穂積志市長が自ら市民に証明書を交付した。
 交付第1号は会社員佐藤稔さん(61)。住民票などを受け取った佐藤さんは「初日とは知らず驚いた。手続きも速くて確実だった」と語った。
 穂積市長は「明るく開かれた庁舎ができた。向上心を持って業務に当たりたい」と話した。
 新庁舎は地上6階、地下1階。10の庁舎に分散していた部署を集約し、免震装置を設けるなどして防災機能を強化した。子育て支援と公民館の機能を持った中央市民サービスセンターも併設した。
 新庁舎移転に伴い、代表と各部署の電話番号が変わった。新たな代表番号は018(863)2222。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2016年05月07日土曜日


先頭に戻る