福島のニュース

<参院選福島>野党共闘 3党が合意

調印式後に手を携える(左から)久保田、金子、増子、小川、真木の5氏

 夏の参院選福島選挙区(改選数1)で、民進、共産、社民各党の県組織は6日、共闘のための合意確認書に調印した。3選を目指す民進党現職の増子輝彦氏(68)を野党統一候補とする態勢が整った。4選を狙う自民党現職の岩城光英氏(66)との与野党対決に向け、増子氏は「全ての非自民勢力と結集して戦いたい」と述べた。

 共産党は新人の党県常任委員熊谷智氏(36)の選挙区擁立を取りやめ、比例代表に変更する。ただ民進党は現時点では増子氏推薦を共産党には依頼しない方針で、具体的な選挙協力の手法は決まっていない。
 調印式は福島市で行われ、3党の県組織と増子氏の4者が調印。確認書で、今後の選挙協力は「それぞれの主体性を尊重しつつ」との表現にとどまった。民進党の金子恵美県連代表代行は「合意は政策協定ではない」と説明した。
 共産党の久保田仁県委員長は「衆院北海道5区補選での結果も共闘の力を示した。必ず勝利したい」と強調。増子氏推薦を決めている社民党の小川右善県連代表は「安倍政権の暴走は許さない。選挙区では増子氏を先頭に戦う」と語った。
 確認書は「安全保障関連法廃止」や「福島復興と県内原発全基廃炉」など四つの目標を明記。調印式には共闘を呼び掛けてきた「ふくしま県市民連合」共同代表の真木実彦福島大名誉教授も出席した。
 定数が2から1に減る参院福島選挙区には、幸福実現党新人の矢内筆勝氏(54)も立候補を予定する。


2016年05月07日土曜日


先頭に戻る