宮城のニュース

<楽天>4連敗 最下位転落

5回、ソフトバンク・長谷川(右)に本塁打を浴び、うつむく楽天先発の釜田

 また接戦を落とした。首位ソフトバンクとの3連戦は初戦と2戦目が2−3、この日は1−3で敗戦。「2点差だけど内容は一方的だった」と梨田昌孝監督。最後まで試合の主導権を握ることができず、今季初の最下位に転落した。
 警戒していた中軸に力負けした。先発の釜田佳直は「レベルの高い打者ばかり。一本も打たせない」と意気込んでマウンドへ。しかし、一回に柳田悠岐、内川聖一、長谷川勇也の3連打でいきなり先制点を許す。「左打者の内角を攻め切れなかった」と三回は柳田、五回は長谷川に痛恨のソロを浴び、リードを広げられた。
 守りで流れをつくれず、打線も勢いを欠いた。3点を追う七回、1死一、三塁で藤田一也の三ゴロの間に1点返すも、続く嶋基宏が力なく二ゴロ併殺に。打率3割台と好調な岡島豪郎、聖沢諒が控える上位につなげられなかった。
 これでソフトバンク戦は6連敗。敵地で首位を独走するチームの勢いをまざまざと見せつけられた形だ。「点を取るための対策を練らないと。打順の組み替えも多少あるかもしれない」と梨田監督。連敗ストップに向け、その手腕が問われそうだ。(佐々木智也)


2016年05月09日月曜日


先頭に戻る