宮城のニュース

<楽天>浜矢 連日の好投

 七回に登板した東北楽天の浜矢広大が2戦連続で1回を三者凡退に抑えた。「集中できていたので、いい結果が出て良かった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。
 前日と同じく柳田悠岐、内川聖一、長谷川勇也と続くソフトバンクの主軸と対戦。全球種の8割近くを直球で占める真っ向勝負で柳田と長谷川を空振り三振、内川は詰まらせて右飛に仕留めた。「思い切って腕を振ることだけ意識した」と振り返る。
 手薄な左の中継ぎとして首脳陣の期待は高く、与田投手コーチも「いい球がいくようになっている」と評価する。浜矢は「与えられた場所でやるだけなので、頑張ります」と話した。


2016年05月09日月曜日


先頭に戻る