宮城のニュース

<仙台ハーフ>今井 気迫の力走

ハーフ登録の部男子で優勝し、笑顔でゴールする今井

 2月の東京マラソンで惨敗し、リオデジャネイロ五輪の代表を逃した今井正人(トヨタ自動車九州、福島・原町高−順大出)にとって、再出発のレース。32歳の年齢不安を打ち消すように、前日の記者会見では「あと10年は競技を続けたい。まずは来年の世界選手権ロンドン大会が目標」と宣言。その言葉通り、鬼気迫る走りを見せた。
 序盤にケニア出身のエゼキエル(岩手・東邦リファイン)が飛び出した。今井は「自分がここでいかないと、勝負にならない」と向かい風の中で第2集団を引っ張り、11キロで吸収した。
 そのまま先頭をひた走り、19キロすぎで谷川との一騎打ちを制し、先頭で陸上競技場に飛び込んだ。「『優勝して終わりたい』。勝てたのは強い気持ちがあったから」と胸を張った。
 順大時代に箱根駅伝の山上りで活躍した「山の神」も、今は日本現役最速の2時間7分39秒のタイムを持つ「マラソンの今井」。しかし、五輪や世界選手権は未経験だ。「出ていない分、世界で戦いたいという意欲は強い」と原動力にする。
 ケニア勢の優勝が続いた仙台ハーフの男子で、日本人の優勝は12年ぶり。大勢のファンを前に、ベテランは「東北出身の自分がここから前進し、世界で勝負できる選手になりたい」と晴れやかに誓った。(野仲敏勝)
          ◇         ◇         ◇
 第26回仙台国際ハーフマラソン大会は8日、仙台市中心部の日本陸連公認コース(21.0975キロ)で1万3336人(ハーフ登録・一般1万826人、車いす25人、5キロ2107人、2キロ378人)が出場して行われた。ハーフ登録の部男子は今井正人(トヨタ自動車九州、福島・原町高−順大出)が1時間3分6秒で初優勝を果たした。谷川智浩(コニカミノルタ)が2位、押川裕貴(トヨタ自動車九州)が3位。2011、13年世界選手権マラソン代表の川内優輝(埼玉県庁)は5位だった。
 女子はフェリスタ・ワンジュグ(ユニバーサルエンターテインメント、青森山田高出)が1時間12分5秒で初優勝した。2位は前田穂南(天満屋)、3位は堀江美里(ノーリツ)。
 車いすの部は、リオデジャネイロ・パラリンピックの車いすマラソン代表の山本浩之が45分43秒で4年ぶり3度目の優勝を果たした。(午前10時5分現在晴れ、気温21.0度、湿度34%、北の風2.5メートル)


2016年05月09日月曜日


先頭に戻る