宮城のニュース

<仙台ハーフ>700人すずめ踊り 街に活気

沿道からランナーに声援を送る踊り手たち=仙台市青葉区の定禅寺通

 14、15日に開催される第32回仙台・青葉まつりをPRする「いちばん踊り」が、青葉区一番町の商店街であった。本番を前に一足早くすずめ踊りが披露され、街は活気に包まれた。
 27団体約700人の踊り手が参加。本番さながらの舞いに買い物客らが足を止めた。8日は午前に仙台国際ハーフマラソン大会が行われ、沿道からランナーに声援を送る踊り手もいた。
 青葉まつりは14日に宵まつり、15日に本まつりが開催される。すずめ踊りには過去最多の145団体約4500人が参加の予定。仙台すずめ踊り連盟の菊池相友代表幹事は「東日本大震災からの復興に向け元気を発信したい」と話した。


2016年05月09日月曜日


先頭に戻る