秋田のニュース

<bj秋田>田口、12得点の活躍

仙台―秋田 仙台に連勝、地区決勝進出を決め大喜びする秋田の選手たち

 秋田の日本代表候補田口が得意の3点シュート2本を含む12得点の活躍を見せた。レギュラーシーズンで負け越した仙台に敵地で2連勝し「逆境を乗り越えることができた」と満足げに話した。
 仙台とのレギュラーシーズン最終カードは徹底マークに苦しんだ。しかし、プレーオフでは攻守に活躍。この日は両チーム日本人最多となる9リバウンドも記録した。
 これで有明行きが決まった。昨季まで2季連続リーグ準優勝している秋田としては、目指すのはただ一つ。「どのチームより悔しさを知っている。それをぶつけたい」と頂点を見据えて気持ちを高ぶらせていた。

 <熱狂的ブースター、秋田を後押し>
 3304人が詰め掛けた会場は、前日に続き約半数が秋田ブースターで埋まった。秋田の長谷川ヘッドコーチは「仙台ブースターの声は聞こえなかった。ホームのようで、すごくやりやすかった」と振り返った。
 秋田から駆け付けた熱狂的ブースターは、アウェーで戦う選手たちを後押しした。秋田の選手がシュートを決める度に大歓声を上げ、守備では「ディフェンス」と声を張り続けた。
 仙台の志村は「秋田はブースターも素晴らしい。1戦目に負けた後、そういうところからプレッシャーをかけられているのかと思った」と語った。


関連ページ: 秋田 スポーツ

2016年05月09日月曜日


先頭に戻る