宮城のニュース

第1号は双子ちゃん 第3子以降応援制度

祝い金第1号となった斎さん夫妻と浅野町長(右)

 宮城県大和町が本年度始めた「第3子以降育児応援祝金制度」の第1号贈呈式が9日、同町役場であった。
 第1号となったのは同町杜の丘1丁目、会社員斎智和さん(39)と主婦佳奈子さん(36)夫妻の次男瑛人(えいと)ちゃんと次女瑛莉奈(えりな)ちゃん。2人は4月5日生まれの双子で、この日は4人で役場を訪れ、浅野元・町長から1人に付き10万円の祝い金の目録を受け取った
 智和さんは「上にさらに2人子どもがいるので、制度は家計に助かる」と話し、佳奈子さんは「祝い金は将来に備えて積み立てておきたい」と笑顔を見せた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年05月10日火曜日


先頭に戻る