青森のニュース

夫殺害容疑で保育士逮捕 夫の病気で悩み?

事件現場となった自宅=9日午前10時ごろ、十和田市東二十三番町

 同居する夫の首を絞めて殺害したとして、青森県警十和田署は9日、殺人の疑いで、青森県十和田市東二十三番町、保育士寺沢良子容疑者(57)を逮捕した。
 逮捕容疑は8日午前1時半ごろ、自宅1階の寝室で、夫で無職の繁美さん(63)の首を電気コードで絞めて殺害した疑い。
 青森県警によると、寺沢容疑者は「寝ているところを殺した」と供述し、電気コードを使ったことも認めているという。司法解剖の結果、死因は窒息死。
 寺沢容疑者は8日、県内に住む兄に「夫を殺した」と電話し、兄が警察に通報。駆け付けた十和田署員が、ベッドに寝間着姿であおむけに倒れ、死亡している繁美さんを発見した。
 夫婦は2人暮らし。近所の男性会社員(57)は「仲の良い夫婦で、繁美さんは優しく、良子さんは気さくな人だった。信じられない」と話した。
 寺沢容疑者が勤めていた保育園の園長(56)によると、昨年夏ごろに「夫がそううつ病になった」と園に相談していた。入退院し、服薬治療を受けていたが、寺沢容疑者は繁美さんの暴言に悩んでいたという。
 事件前日の7日に会った同僚(49)は「変わった様子はなかったと思う」と話した。


関連ページ: 青森 社会

2016年05月10日火曜日


先頭に戻る