岩手のニュース

女子高生に淫行容疑 宮古市議を逮捕

 岩手県警は9日、県青少年環境浄化条例違反の疑いで、宮古市田の神1丁目、宮古市議近藤和也容疑者(44)を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年9月下旬、県内の宿泊施設で、県央部の10代の女子高生が18歳未満だと知りながら、みだらな行為をした疑い。
 県警によると容疑を認めている。女子高生の母親が昨年末、花巻署に相談して発覚した。2人はインターネットのコミュニティーサイトで知り合ったという。
 近藤容疑者は無投票だった2014年市議選で初当選。仮設住宅の被災住民向けに情報誌を発行する宮古市のNPO法人「三陸情報局」の理事長も務める。


関連ページ: 岩手 社会

2016年05月10日火曜日


先頭に戻る