広域のニュース

<GW>交通事故 東北死者8人増の18人

 東北管区警察局は9日、大型連休期間(4月29日〜5月8日)に東北6県で起きた交通事故による死者数が前年同期比8人増の18人だったと発表した。事故の発生件数は242件減の427件、負傷者は265人減の556人だった。
 県別の死者数は、福島が6人(5人増)で最多。同県大熊町の常磐自動車道で4日にあった乗用車の親子2人の死亡事故が含まれている。次いで宮城4人(3人増)、秋田3人(1人増)、岩手3人(増減なし)、青森2人(1人増)、山形ゼロ(2人減)だった。


関連ページ: 広域 社会

2016年05月10日火曜日


先頭に戻る