宮城のニュース

<GW>仙台東西線効果 動物園入園5万人超

 仙台市八木山動物公園の大型連休(4月29日〜5月5日)中の入園者が5万2217人で、前年同期比で3276人増えたことが10日、分かった。大型連休中の入園者が5万人を超えたのは2011年以来5年ぶり。同園は昨年12月開業の市地下鉄東西線の効果とみている。
 市は3〜5日、東西線八木山動物公園駅で降りた客の入園料割引を実施。3日間の入園者計3万4352人のうち、1万992人(約32%)が割引利用者だった。市中心部と同園を結ぶシャトルバスは運行しなかったが、3日を除いて目立った渋滞は発生しなかったとしている。
 動物園の担当者は「天候が良くない日もあった中で、3000人以上の増加は大健闘だ」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2016年05月11日水曜日


先頭に戻る