宮城のニュース

ぐるり旅、宮城も道南も 夏観光キャンペーン

夏キャンペーンの概要を発表する村井知事(右から3人目)ら

 宮城県や仙台市、JR東日本などでつくる仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会は10日、7〜9月に展開する「仙台・宮城『伊達な旅』夏キャンペーン2016」の概要を発表した。
 北海道新幹線の開業を踏まえ、道南地域と東北の夏祭りや世界遺産、自然などを組み合わせた広域周遊を提案し、観光誘客を図る。同時期にある「青森県・函館デスティネーションキャンペーン」と連動したPRを展開する。
 昨夏のキャンペーンで柱に据えた「体験」「食」「復興」の要素に「自然」「歴史・文化」「産業」を追加し、宮城の夏をアピール。宿泊予約サイトでのレンタカー利用による県内周遊旅行や、県内108施設で1000円以上利用した観光客を対象に、スクラッチカードを贈るキャンペーンなどを実施する。
 6月上旬には北海道で初となる誘客活動をJR札幌、函館両駅で実施する。7月1日にはJR仙台駅でオープニングセレモニーを行う。


関連ページ: 宮城 経済

2016年05月11日水曜日


先頭に戻る